1. HOME
  2. アニメ・漫画
  3. 女さん鬼滅の刃ヒロイン禰豆子が許せないと叫ぶ理由
アニメ・漫画

女さん鬼滅の刃ヒロイン禰豆子が許せないと叫ぶ理由

アニメ・漫画

Twitterをフォローいただけるとアツアツの情報がお届けできます
1: ひえたコッペパン 2020/12/28(月) 20:18:41.24 ID:NOGFh7Xl0 BE:784885787-PLT(15000)

no title

『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』は不滅の記録と思われた『千と千尋の神隠し』を越え、日本映画の興行収入歴代1位になった。
この空前の大ヒットをめぐって、さまざまな考察や論考の記事は増える一方である。朝日、毎日と言った大手紙の考察論考記事連発を皮切りに、
保守系新聞『世界日報』はWEB会員限定記事で『「家族」重視の改憲派にとって「鬼滅」人気は追い風、保守紙は目を覚ませ』という記事を掲載、
コンビニで見かけた『実話ナックルズGOLDミステリー』(オカルト特集増刊らしい)の表紙には「
『鬼滅の刃』は人類滅亡を暗示していた!」という見出しが踊っていた。右から左まで乗っかりすぎだろう。

中略
毎日新聞の記事『これじゃあ男もしんどくない?「鬼滅の刃」の男女観』で元サンデー毎日編集長の山田道子氏が挙げた
「禰豆子は基本『助けられるヒロイン』」という指摘も疑問である。
「鬼にならないように竹の口枷をくわえているのは『女はしゃべるな』みたいに私には思えるし、
鬼にならないと戦えないのもなぜ?と思ってしまう」という山田道子氏の記事中の言及に至っては
「あの、そもそもちゃんと読んでないですよね?」としか言いようがなく、鬼にならないように竹をくわえているのではなく、もう鬼なのである。

鬼にならずに戦っている多くの鬼殺隊の女性メンバーを完全無視で論じるのもどうかと思うが、
禰豆子というキャラクターは「無惨様に傷つけられて被害者となったことにより、鬼殺隊のような超絶訓練なしで
鬼と戦う鬼パワーを手に入れた」という、被害者デビルマンみたいな優れたキャラクター性がポイントの「戦うヒロイン」である。

竹筒をくわえているのは「女はしゃべるな」という意味ではなく、被害者となり自分の言葉を失った禰豆子が
人間性を回復し言葉を取り戻していくプロセスがこの作品のテーマの根幹にあるからであって、
これは『千と千尋』の主人公・千尋が湯婆婆に「千尋」という名前を奪われそして取り戻す構造によく似ている。
https://bunshun.jp/articles/-/42370

カテゴリー

検索