1. HOME
  2. アニメ・漫画
  3. 『週刊少年ジャンプ』1年で人気作が続々終了、鬼滅の刃、約ネバ、ハイキュー!!・・・心配の声も
アニメ・漫画

『週刊少年ジャンプ』1年で人気作が続々終了、鬼滅の刃、約ネバ、ハイキュー!!・・・心配の声も

アニメ・漫画

Twitterをフォローいただけるとアツアツの情報がお届けできます
1: ひえたコッペパン 2020/12/07(月) 07:43:24.42 ID:CAP_USER9

オリコン

今年に入って連載終了となった『ジャンプ』作品(左から)『鬼滅の刃』、『ハイキュー!!』

人気漫画『チェンソーマン』(作者:藤本タツキ)が、14日発売の『週刊少年ジャンプ』(集英社)2021年2号で最終回を迎えることが、7日発売の同誌2021年1号で発表された。連載2年に幕を下ろすが、今年に入って『ジャンプ』は、『鬼滅の刃』、『ゆらぎ荘の幽奈さん』、『約束のネバーランド』、『ハイキュー!!』など人気作品が続々と終了となっており、「最近ジャンプの人気作品めっちゃ連載終了してない!?」と心配や驚きの声があがっている。

2018年12月より連載がスタートした『チェンソーマン』は、悪魔のポチタとともにデビルハンターとして、借金取りにこき使われる超貧乏な少年・デンジが、あることをきっかけに、悪魔をその身に宿して、悪魔を狩るダークヒーローアクション。唐突に明かされる謎や衝撃の展開が話題を呼び、『ジャンプ』が発売される度に、最新話の内容がツイッターでトレンド入りするほどの人気作品となっている。

テレビアニメ化などはされていないが、「みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2019」9位、「第5回次にくるマンガ大賞」コミックス部門2位、「このマンガがすごい!2020」オトコ編4位にランクインするなど注目されていたが、きょう7日発売された同誌で、『チェンソーマン』について「次号最終回&重大発表C(センター)カラー!!」と告知された。

なお、今年に入って『週刊少年ジャンプ』は、人気作品の連載終了が続いている。5月に『鬼滅の刃』、6月に『ゆらぎ荘の幽奈さん』と『約束のネバーランド』、7月に『ハイキュー!』など、テレビアニメ化もされた人気作品の連載が終了。そして今回、注目されていた『チェンソーマン』が次号、連載2年で最終回を迎えることになり、ネット上では「今年の終了作品強すぎでわらける」「ジャンプどんどん終了するいめーじ」「ジャンプ今年に入って連載終了多くない?」などと反応。

また、「鬼滅もチェンソーマンも人気絶頂の中で終わることができたのは素晴らしいけど、看板作品候補が次々と終了するのはジャンプ的に大丈夫なのか」「ジャンプの看板漫画どんどん連載終了していくけど大丈夫なんか…?」などと心配する声が出ている。

なお、『鬼滅の刃』、『ゆらぎ荘の幽奈さん』、『約ネバ』の連載がスタートした2016年は、テレビアニメ化もされた人気作品である『こちら葛飾区亀有公園前派出所』『BLEACH』『トリコ』『ニセコイ』『暗殺教室』の連載が終了しており、『約ネバ』完結の際は「2016年以来の人気作品終了ラッシュ」「立て続けに長期連載が終わるのってニセコイ、BLEACH、こち亀の時以来かなぁ」と連載の終了ラッシュに驚きの声があがっていた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/e6f96a636f7b1293559db51ef4af220c62740a76

カテゴリー

検索