【超驚愕】最近の日本の小学生さん、ヤバすぎる事実が判明してしまう・・・これはもう・・・

時事
PR
急上昇
PR
PR

【超驚愕】最近の日本の小学生さん、ヤバすぎる事実が判明してしまう・・・これはもう・・・

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1670896520/

1: ひえコペ 2022/12/13(火) 10:55:20.87 ID:dmz/7R/Y9

全国の公立小中学校の通常学級に、発達障がいの可能性のある児童生徒が8・8%いることが13日、文部科学省の調査でわかった。
10年前の前回調査より2・3ポイント増で、35人学級なら3人の割合になる。

学習や対人関係で著しく困難を抱える傾向があるため、文科省は一人ひとりに合わせた支援体制の構築を急いでいる。

調査は1~2月、公立小中高のうち無作為で選ばれた計1800校を対象に実施した。
そのうち1627校の学級担任らが、児童生徒計約7万5000人分の様子を回答した。

学習面では「話し合いの流れが理解できない」「まっすぐ字を書けない」、
行動面では「教室で座っていられない」「周りが困惑するようなことも配慮しないで言ってしまう」などに該当するかを尋ねた。

学習面や行動面で発達障がいの可能性がある児童生徒の割合は、小学生10・4%、中学生5・6%、高校生2・2%だった。
学年が上がるにつれ、割合が下がった。学習面で該当したのは小中学生の6・5%、行動面は4・7%。ともに該当したのは2・3%だった。

男女別では男子12・1%、女子5・4%と、男子が女子を大幅に上回った。

調査は10年に1回実施されており、2002年6・3%、12年6・5%だった。
割合が上昇した理由として、文科省は「今まで見過ごされてきた困難のある子どもたちに、より目を向けるようになった」と説明する。

発達障がいへの理解が進んだ結果、保護者の相談が増え、教員も意識して接するようになった。
またスマホなどの普及で、対面での会話の機会が減ったことも影響しているとみられる。

信州大の篠山大明准教授(児童精神医学)は「発達障がいについて教員の感度が高まり、これまで隠れていたものが顕在化してきたと言える。
保護者にも支援が受けられるという知識が広がり、診断される子どもも増えている」と指摘している。

◆ 発達障がい =先天的な脳機能の障がいが原因とされる。知的発達に遅れはないものの読み書きや計算が難しい「学習障がい」、
衝動的に行動しがちな「注意欠陥・多動性障がい」、対人関係を築くのが苦手な「自閉スペクトラム症」などがある。

https://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/kyoiku/news/20221213-OYT1T50101/

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました