PR

【速報】旭川少女いじめ事件、米有力紙が報道され海外に拡散され始める

時事
1: ひえたコッペパン 2021/05/08(土) 14:40:50.77 ID:OkBYtUj+9

※ワシントン・ポスト

https://www.washingtonpost.com/world/girls-death-in-japan-prompts-probe-of-alleged-bullying/2021/05/06/91b6ed92-ae5f-11eb-82c1-896aca955bb9_story.html
東京 – 14歳の少女が近所の公園で遺体で発見された後、日本のある市は、2年前に教育関係者によって否定されたいじめの疑惑を再調査することになりました。

中学2年生の廣瀬爽彩さんは、2月に北海道の旭川市の自宅から姿を消しました。当局によると、彼女は公園で遺体で発見され、犯行の痕跡はなかったとのことです。

週刊文春は、警察の検死結果を引用して、彼女が行方不明になった直後に低体温症で死亡した可能性が高いとしている。

彼女の死と、母親の「いじめられていた」という発言を受けて、西川将人旭川市長は教育機関に再調査を指示した。

旭川市教育委員会は2日、弁護士、精神科医、ソーシャルワーカー、学者などで構成される調査委員会が今月末に調査を開始すると発表した。

いじめは、日本の学校では根強く、かつ大きくなっている問題である。日本の学校は、仲間から迫害されている子供たちに無関心であると批判されることが多い。

文部科学省によると、昨年、小・中・高校で報告されたいじめの件数は過去最高の61万2,000件であった。文部科学省によると、学生の自殺者数は479人で、過去最高を記録しましたが、これはパンデミック中の経済的・心理的困難が原因の一つとされています。そのうち6人はいじめが原因とされている。

高度な競争社会であると同時に順応社会でもある日本では、学校でのいじめは、弱者や異質と思われる人物に対する集団的な長期にわたる嫌がらせであることが多い。優れた才能を持つ子供、身体的ハンディキャップを持つ子供、外国で育った子供などが標的になることもあります。

(略)

コメント

タイトルとURLをコピーしました