PR
イチオシ
PR

【緊急速報】東京五輪開会式、もうめちゃくちゃ・・・

時事
1: ひえたコッペパン 2021/07/23(金) 19:41:31.02 ID:F4Zis57X9

※原文英語で自動翻訳しています

Olympic opening ceremony musician says Tokyo 2020 organisers excluded him for being black
https://www.independent.co.uk/sport/olympics/tokyo-2020-opening-ceremony-musician-racism-b1889167.html

セネガル出身のミュージシャンが、東京オリンピック開会式での演奏を断念した理由は、主催者がショーに黒人の顔を出したくなかったからだと語っています。

日本に20年以上住んでいるパーカッショニストのLatyr Syさんは、金曜日に国立競技場で行われる開会式で演奏する予定でした。しかし、東京2020の主催者は、黒人の顔を出すことは不適切であり、幅広い人種を代表することを余儀なくされるのではないかと懸念したため、彼の役割は削除されたと告げられました。

Syさんによると、12月に開会式への参加が決まり、4月にリハーサルのスケジュールが送られてきたそうです。また、他の仕事を断って日記を書くように指示されたり、ショーの計画を秘密にするための書類が送られたり、コロナの症状が出る可能性があるので毎日体温を測るように言われたりしたそうです。

5月になって、契約書の送付が遅れている理由を問い合わせたところ、その後の会議でPR会社からSyに説明されたのは、主催者側が「なぜアフリカの男性が出演しなければならないのか」という理由で、彼を式典に参加させる計画を拒否したということだった。

東京2020組織委員会の担当者は、アフリカ系の音楽家を出演させると、さまざまな人種や国籍の人を採用しなければならなくなることを懸念しているとSyは聞いた。

「完全に人種差別です」とSyは言います。”なぜこの人なのか?なぜこのアフリカ系の男なんだ?いろんなものを見て、いろんなことを感じてきたけど、これはオリンピックには合わない。なぜ私が黙っていなければならないのか?”

テレビでリハーサルの様子を見た彼は、自分ともう一人のセネガル人ミュージシャンの役割がすでに廃止されているにもかかわらず、自分のセクションがまだ含まれていることに気づき、動揺した。

「それを見たとき、ただ悲しい気持ちになりました。「私はゴレという小さな島、奴隷の島から来ました。この国で20年以上暮らしてきましたが、このスキャンダラスなオリンピック…胸が痛みます。話すのは怖いけど、吐き出す準備だけはできています。私の話を共有したいのです。誰かを責めるつもりはありません。ただ、このようなことが起きたことを人々に知らせなければなりません」。

Syさんは、これまでに多くの著名な日本人アーティストと共演し、日本政府を代表して海外で演奏したこともあります。注目を浴びることは望んでいなかったが、ソーシャルメディアに投稿したときの反応を見て、自分の経験を伝えることの重要性に気づいたという。

また、「お金の問題ではありません。ただ、私はこのことについて悲しく、失望しています。これは不公平だ。私はこの国のためにすべてを尽くしました。1994年に来日して、日本のアーティストとあらゆるところで共演し、多くのことに参加しました。世界中を飛び回っていました。それなのに、このような結果になってしまったのです。”

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

http://twitter.com/sawayama0410/status/1418279299828776961
五輪開会式、新たに黒人差別が発覚しました。
https://pbs.twimg.com/media/E669argUYAEKcPb.jpg

(5ch newer account)

https://i.imgur.com/31brHM1.jpg
先程お電話を頂き、ラティールのオリンピック開会式出演をキャンセルしたのは、JOCではなく、組織委員会であったと訂正頂きました。ここに訂正させて頂きます。
The organizers who canceled my performance at the Olympic Opening Ceremony was not JOC but the Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games. I apologize for my mistake.

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました