PR

小6息子がアダ○トサイトを閲覧・・・言葉失う親「怖さ知った」

時事
1: 風吹けば名無し 2020/08/19(水) 14:12:00.13 ID:i7fhWjir

 神奈川県の会社員女性(47)は、小学6年生の息子の携帯を何げなく見ていて言葉を失った。
閲覧履歴に、アダ○トサイトと思われる言葉がいくつも並んでいた。

塾に通う時のために持たせ、主に家族間の連絡用に使っていた。
どんなサイトを見ているのか気になってのぞいてみたが、まさか子どもがアダ○トサイトを見ているとは、予想も覚悟もしていなかった。
「まさか、まだ小学生なのに」。ショックのあまり、翌日は会社を休んだ。

自分で見る勇気がなく、夫に確認してもらうと、過激な性描写が続くアニメ系のサイトだという。
1人で過ごすことが多い放課後、音楽の動画を見ていた拍子に表示されたらしい。
「もしかすると、友達から『そういうものが見られるらしいぞ』と聞いてきたのかもしれない」。
振り返ってみると、データ通信量が異常に早く上限に達していた。

女性は、動画サイトに関連作品が自動的に表示できる機能を知らず、フィルタリングもかけていなかった。
「性に関する正しい知識のない子が、簡単にゆがんだ情報に触れられてしまう怖さを知った。
興味があるのは自然なことだが、創作上の表現と現実は全然違うことや、必要な情報にどう触れるかは、家族でよく考えたい」と話す。

コメント

タイトルとURLをコピーしました