1. HOME
  2. 時事
  3. 【ヤマト運輸殺傷事件】容疑者は「階段2段飛びするような元気のいい人」女性刺した後、従業員の車を敷地内で乗り回す
時事

【ヤマト運輸殺傷事件】容疑者は「階段2段飛びするような元気のいい人」女性刺した後、従業員の車を敷地内で乗り回す

時事

Twitterをフォローいただけるとアツアツの情報がお届けできます
1: ひえたコッペパン 2020/10/06(火) 14:40:50.52 ID:mHWZLexh9

神戸市北区の「ヤマト運輸神戸北鈴蘭台センター」で6日未明、従業員とみられる女性が腹部を刺されて逝去した事件。
学校や福祉施設、病院などが散在する山あいの地域は、複数の血痕が点々とし、物々しい雰囲気となった。
事件を知った住民らは「どうしてこんなことが」と衝撃を受けていた。

同センター入り口には規制線が張られ、「臨時休業」を知らせるホワイトボードが置かれた。
事務所とみられる同センター2階で警察官が動き回る。前の路上には血痕らしき赤い染みが数十メートルにわたって続き、
兵庫県警による鑑識活動の白いチョークも確認された。

神戸北署によると、公務執行妨害の疑いで逮捕された筧真一容疑者(46)は、女性を刺した後、従業員の車を敷地内で乗り回したという。
敷地内にはつぶれたコーン標識や段ボールなどが散乱し、残された車の車体がへこんでいた。

現場には朝から約40人の報道陣が詰めかけ、午前10時半ごろには道路からの視界を遮るためブルーシートが張られた。

筧容疑者が逮捕された現場は、同センターから約100メートル北西の路上。兵庫県立神戸特別支援学校前で、
筧容疑者の軽乗用車とパトカーが衝突。送迎バスが運行できなくなったため、同校は臨時休校を決めた。

現場近くの事業所に勤務する男性(24)は、出勤途中の午前6時ごろ、軽乗用車とパトカーが衝突した現場を目撃。
「事故かと思っていたが、まさか人が刺されていたなんて」と険しい表情を見せた。

筧容疑者と同じマンションに住む女性(80)は「いつも階段を2段飛びして上がるような元気のいい人。
会ったらあいさつをしてくれ、礼儀正しかった。事件を起こす人には見えないのに…」と驚きを隠せない様子。

筧容疑者の母親と双子の弟が近くのマンションに住んでいるといい、同じ棟に住む男性(78)は
「親子3人で一緒に買い物にいったり車で出掛けたり仲良い印象だった」と話した。

現場の近くに住む70代女性は早朝、パトカーのサイレンや救急車の音で目が覚めた。同センターにも荷物を取りに行ったことがあるが、
「社員さんはみんな気さくだった。いつもは静かな場所なのに、怖い」と声を震わせた。





ピックアップ

カテゴリー

検索