1. HOME
  2. エンタメ
  3. 【悲報】マラドーナの遺体とバイトが記念写真 → その結果
エンタメ

【悲報】マラドーナの遺体とバイトが記念写真 → その結果

エンタメ

Twitterをフォローいただけるとアツアツの情報がお届けできます
1: ひえたコッペパン 2020/11/27(金) 10:48:51.94 ID:kh4djyie0● BE:878898748-PLT(16000)

心臓麻痺で死亡したサッカー界のヒーロー、ディエゴ・マラドーナが棺桶に横たわっている写真が流出し、波紋が広がっている。

マラドーナの顧問弁護士マティアス・モリアは現地時間26日、「互助会(冠婚葬祭の準備をする所)の職員らが
棺に横たわったマラドーナと記念写真を撮って流出した」とし、問題の写真と職員の実名をツイッターで公開した。

彼は「写真を撮って流出した男はディエゴ·モリーナという名の男。私の友達(マラドーナ)のために皆を怒らせるようなことをした。
必ず代価を払わせる」と厳重に警告した。

公開された写真は2枚。実名が公開された男は、風采の良い青年で、マラドーナの遺体が横たわっている棺桶のふたを開けたまま、
横でポーズを取りながら記念撮影をした。

また、他の写真には名前が公開されていないある青年と中年の男がマラドーナの館の周辺に立っている。
青年も親指を立ててポーズを取った。一部メディアは「波紋が広がると、問題の互助会職員3人を直ちに全員解雇した」と報じたが、
会社側の説明は異なった。

マラドーナの塩と棺桶を準備した互助会は3代で運営され、「フィニエル」という会社だ。祖父、父に続き互助会を運営する
マティアス・ピコン社長は「マラドーナの遺体と写真を撮った人は正社員ではなく日雇いだった」と主張した。
また「マラドーナの遺族が選んだ棺があまりにも重く、普段より人手が必要だった。
日当を払って雇った人たちがあきれるようなことをした」と話した。

(つづく)

https://gogotsu.com/archives/60800
※実際の写真にはマラドーナが映っている
no title

no title

カテゴリー

検索