PR
イチオシ
PR

【五輪/競泳】瀬戸大也、予選落ちで批判に怒りをぶちまけてしまう

エンタメ
1: ひえたコッペパン 2021/07/26(月) 22:55:07.24 ID:CAP_USER9

7/26(月) 22:51配信 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/09195975aa91d5ab4096ffaf031a27ed854c8967

◆東京五輪 男子200メートルバタフライ予選(26日、東京アクアティクスセンター)

日本競泳界のエース・瀬戸大也(TEAM DAIAY)は200メートルバタフライ予選に臨み、1分55秒26で全体9位。27日の午前に行われる準決勝に駒を進めた。

前回のリオ五輪で銅メダルを獲得した本命種目、400M個人メドレーで予選落ちという屈辱を初日から味わった今大会。この日のレース後、改めて「自分自身は、非常にショックでした」と振り返った。予選で力を使ってしまったリオの反省を踏まえ、余力を残して泳いだ作戦が裏目に出た結果。ネット上には、悔しさに追い打ちをかけるように批判も噴出し「めっちゃむかつきますけど…」と思わず本音も漏れた。

それでもこの日の予選も「余力をもって泳いでいる」と自分を貫いた。「戦っているのは自分だし、(批判を)気にもしつつあまり気にしない所もあるので。そういうのも、自分のパワーにも変えていきたいと思います」。世界の舞台の経験の豊富さは確かな物がある。「世界大会でメダルや金メダルを取る戦い方というのは、自分の余力を持ってというところで。そういうのは自分の戦い方」と語った。

残すバタフライ、200M個人メドレーに向けて気持ちは切り替えている。瀬戸は「2015年の(世界選手権の)時も最初の出だしが悪くて、最後に金を取ったということもありますし。世界で戦ってきた中での自分の経験というのを生かす所が、オリンピックだと思うので。4個メで失敗したところはしっかりと2バタに繋げていきたい」と前を向いた。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました