【朗報】大谷翔平さん、すげええぇぇ!!史上初の達成で胸アツ展開にwww

エンタメ
PR
急上昇
PR
PR

【MLB】大谷翔平 6回途中2失点で14勝目!規定投球回まであと9回、史上初200奪三振&30発達成 [数の子★]

引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1663996725/

1: ひえコペ 2022/09/24(土) 14:18:45.05 ID:CAP_USER9

 ◇ア・リーグ エンジェルス4―2ツインズ(2022年9月23日 ミネソタ)

エンゼルスの大谷翔平投手(28)は23日(日本時間24日)、敵地ターゲット・フィールドでのツインズ戦に「3番・投手兼DH」で今季26度目の投打同時出場。5回0/3を投げ3安打2失点で自己最多を更新する14勝目を挙げた。シーズン規定投球回まで残り9イニングとなった。4回には、日本人投手4人目のシーズン200奪三振を達成、メジャー史上初の30本塁打&200奪三振に到達した。打っては7回に貴重な追加点となる中前適時打して9試合連続安打。エ軍は4―2で勝利し、連敗をストップした。

大谷は、気温12度、冷たい雨が降る中、14勝目に向けてマウンドに上がり、初回は3連続四死球で1死満塁とし、ケーブのニゴロの間に先制を許した。味方打線が同点に追いついた直後の2回は1死から四球を出したものの、2三振を奪って無失点。1点のリードをもらった直後の3回は3者凡退に抑えた。4回は先頭打者に四球を与えたが、ケーブを空振り、サンチェスを内角カーブで見逃し三振に仕留めて、日本人投手では野茂英雄(4度)、松坂大輔(1度)、ダルビッシュ有(4度)に次いで4人目のシーズン200奪三振を達成。続くウォルナーからも空振り三振を奪った。5回は初安打を許したものの無失点、6回は安打と四球で無死一、二塁とし、ケーブに中前適時打されて1点差。続くサンチェスに四球を出し無死満塁となったところで降板した。代わったループがピンチを無失点で切り抜けて、大谷の勝ち星を死守。救援陣がリードを守り切った。

打っては、初回2死の第1打席はツ軍の先発右腕バーランドの前に遊ゴロ、3回2死一塁の第2打席は一ゴロ、5回2死三塁の第3打席は左飛に打ち取られたが、1点リードの7回2死一、二塁の第4打席で左腕ティールバーから中前適時打。貴重な追加点を叩き出し、14日(同15日)のガーディアンズ戦から続く連続試合安打を「9」に伸ばした。これで通算成績は、投手は26試合で14勝8敗、防御率2・47。投球回数は現在153回で、162回の規定到達までは残り9イニング。すでに達した規定打席と合わせ前例のない”W規定到達”が視界に入っている。打者は146試合で539打数146安打、打率・271、34本塁打、90打点、11盗塁となった。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました