【画像】元・新加勢大周の坂本一生さん(51)、あまりにも変わり果てた現在の姿と近況にネット騒然

エンタメ
PR
急上昇
PR
PR

【芸能】元「新加勢大周」坂本一生さんの壮絶人生 猛烈バッシングに車中生活、見つけたやりがい [フォーエバー★]

引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1668217862/

1: ひえコペ 2022/11/12(土) 10:51:02.55 ID:0K/RgFwp9
11/12(土) 9:10配信

ENCOUNT
何一つ芸のない自分は虚勢を張って生きていくしかなかった
坂本一生さん【写真:ENCOUNT編集部】

 タレントでインストラクターの坂本一生さん(51)が、地元の千葉県八千代市にパーソナルトレーニングジムを構えて今年で5年目を迎えた。1993年に「新加勢大周」というショッキングな芸名でデビューし、世間を騒がせたあの騒動からまもなく30年。一度ついてしまったイメージは「坂本一生」と改名後も彼の人生を左右した。そんな坂本さんの半生を2回にわたって紹介する。1回目は逃げずに歩き続けてきたからこそ笑い飛ばせる壮絶な30年を振り返ってもらった。(取材・文=福嶋剛)

――坂本さんは現在、千葉県八千代市でパーソナルトレーニングジムを経営されていますが、ここが地元だそうですね?

「小学生からずっとここですね。県内の大学付属の高校に通っていたからそのまま大学にも上がれたんだけどバイトしながら留年している先輩を見てきて自分はそっちにはいきたくないと思って、兄貴が通っていたオーストラリアの学校に2年間留学したんです」

――スポーツ留学ですか?

「語学留学です。といっても昔から頭は悪かったんだけど運動は得意で水泳もやっていて、ウエイトトレーニングもその頃から向こうの大きなジムに通って始めていたんです。毎日学校が終わるとすぐにジムに行ってプールで泳いでトレーニングしてからホームステイ先に戻るという日課でした。近くにあったカジノのジュエリーショップで日本人対応のアルバイトをしていました。でも給料をもらったらいつも目の前のカジノで全部使い切ってしまいました(笑)」

――ヤンチャなところは向こうでも変わらず(笑)。帰ってきてすぐに芸能界にスカウトされたわけですね?

「本当はプロ野球選手になりたくて日本に帰ったら多摩川グラウンドの巨人のプロテストに行こうと思っていたんです。とにかく野球が好きで足も速かったし、肩も強かったから遠投も得意だったんでね。でもテストを受ける前に芸能界に入っちゃって」

――加勢大周さんのことは?

「僕が海外に行っている間に出てきた人だから全然知らなかったし、もちろん会ったこともないです」

――経緯を知らずに新加勢大周と名付けられたと?

「当時は20歳そこそこで強く押し切られたらノーとは言えなかったし、若ければ若いほど余計に丸め込まれてイエスの方向に向かっていくという世界でしたから。テレビなんて全然見てなかったし、ましてや芸能の世界なんて何も分からないのにポンと人前に出されてね」

――黒のタンクトップ姿で。

「そう(笑)。彼が白いTシャツのイメージだったから、僕は黒のタンクトップで白と黒の対決みたいな感じだったんじゃないかな」

https://news.yahoo.co.jp/articles/34f55cac9f5ae78900c459358c963d9a6ad7a813?page=1

https://news-pctr.c.yimg.jp/uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFhNrRI0RUQxg5aFkrX0xDg1_T0wXrbEJjtNGtrf1o9y3CflXDDJ_ISqZnnmAYTi4d1lJSp8KmZ-xk7twwNCR-kBxkMqBZsVgFeLO1lVmMR1kjpIT5T6QaCt7NNo1tnwwWn82mkCVK6QXPdyHwS9UBPqeQwDDbe4hO-HiOWKk-lFX

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました