【超衝撃】AKB48・岡田奈々さん、文春砲炸裂!!交際相手との激ヤバ写真が流出

エンタメ
PR
急上昇
PR
PR

【芸能】《文春スクープ撮》AKB48“圧倒的センター”岡田奈々(25)と2.5次元俳優 親公認の真剣交際「新居の内見に父同伴で彼と」 [digitec★]

引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1668827892/

1: ひえコペ 2022/11/19(土) 12:18:12.39 ID:iXn1Q2DN9

写真26枚
https://bunshun.jp/articles/photo/58727?pn=5

11月6日23時半頃、AKB48の岡田奈々(25)が誕生日を迎える瞬間を祝うため、同グループのメンバー村山彩希(ゆいり・25)が友人とともに岡田の住むマンションを訪問していた。
「“ゆうなぁ”の愛称で親しまれている村山と岡田ですが、仕事だけでなくプライベートでも仲が良すぎるくらいいつも一緒にいる。岡田のボーイッシュな魅力も相まって、『“ゆうなぁ”の2人は付き合っているんじゃない?』なんて話が関係者のあいだで囁かれるほど。だから熱愛報道からは遠い存在だったんですけどね……」(AKB関係者)

■ミュージカルで共演したイケメン俳優と交際

今年1月に開催された「第4回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」では初優勝を果たし、歌唱力の高さを見せつけたこともあった。その歌唱力を活かしミュージカルにも挑戦し、今年6月に「マギ」に出演。そして、この出演がきっかけで岡田は後の交際相手と出会うのだ。

そのお相手は、ミュージカルで共演した2.5次元俳優の猪野広樹(30)。猪野は数々の話題舞台で主演を担い、ミュージカル「マギ」ではアリババ役を務めていた。舞台だけでなく2022年度のカレンダーや写真集を発売するなど、実力と人気を兼ね備えたイケメン俳優だ。

岡田の知人が2人の関係性を明かす。

「舞台の共演がきっかけで2人は交際に発展。公演が始まった6月にはすでに親密な関係になっていました。頻繁にお互いの家を行き来しているそうです。猪野さんは今年7月に開催された岡田さんのソロコンサートにミュージカルの共演者を連れて訪れていました。当然岡田さんは村山さんにも猪野さんのことはすでに紹介しているそうですよ」

そんな2人を取材班が目撃したのは、岡田が誕生日を迎える12時間前。11月6日12時頃だ。猪野が住む都内のマンションから2人が出てきた。

ミニスカート姿の岡田は眼鏡をかけ黒いキャップを被っていて顔はほとんど見えない。誕生日プレゼントなのか、手には「アニエスベー」の白い紙袋を持っている。一方白黒のチェックシャツをはおった猪野は帽子を被っておらず、くっきりとした顔立ちが一目で分かった。

歩きながら、岡田は猪野のシャツの裾に手を伸ばした。最初は猪野のシャツの裾を掴みながら歩いていたが、段々と手繋ぎ、腕組みへと距離が縮まっていく。2人の時間に夢中なのか、周りを気にする様子は一切ない。

駅に着いた2人は30分ほど電車を乗り継ぎ、降りた先は商店街が有名な都内某駅だった。駅から少し歩くと2人は初老の男性とスーツを着た女性に頭を下げた。女性は不動産関係者で、初老の男性は岡田の父親だ。

合流すると、4人揃って新築マンションの内見を始めた。2人で同棲を始めるということだろうか。2LDK以上ある高級マンションを30分ほど内見した後に、近くのカフェに入って書類に記入をしている。店内では2人揃って父親に感謝する様子もみられた。

カフェを出てふたたび駅へと向かった道中では、岡田は父親の目の前で猪野に腕を絡ませた。電車に乗り、各々解散した。

■『来年こそは紅白!』と言っていた矢先だったのに…

AKBのなかでも特に人気が高いメンバーの熱愛発覚。“恋愛禁止”というアイドルの掟は時代遅れの感が否めないが、AKBではいまだご法度とされる空気があるようだ。実際に岡田自身も2017年に開催された第9回選抜総選挙のスピーチでこう語っていた。

「スキャンダルではい上がるメンバーがいてもいいけど、まねしてはいけないと思います。まっすぐ頑張っている人が報われるようにグループを変えていきたい」

別のAKB関係者は肩を落としながらこう話す。

「“新たなAKB”として方向転換を図った岡田センターの『根も葉もRumor』が期待されていましたが、紅白出場を逃したショックは大きかった。その時にスタッフ、メンバーが揃って『来年こそは紅白!』と声を掛け合っていたんです。しかし12年連続で受賞していた日本レコード大賞優秀作品賞も落選してしまい、紅白も3年連続で出場を逃す結果になってしまった。

そんな矢先にセンターの熱愛スキャンダルとなると、他のメンバーのモチベーション低下は避けられないでしょう。ましてやグループ思いの一面が強い岡田だけに、周囲のダメージは計り知れません」

岡田、猪野それぞれの事務所に事実確認をしたところ、「プライベートについては本人に任せております」」と回答した。

週刊文春
https://bunshun.jp/articles/-/58727?page=2

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました