PR
PR

【仰天】ウーマナイザー使用の熊田曜子さん、元カレから衝撃の暴露・・・

エンタメ
1: ひえたコッペパン 2021/06/19(土) 18:11:26.39 ID:CAP_USER9

「また同じことをやってる。同じ手口を……そういう気分です」

そう話すのは、都内在住の男性会社員のBさん。彼の言う“同じこと”とは――。

「5月18日の未明、熊田曜子さんが夫から暴力を振るわれたとして110番通報、’12年に結婚した夫のAさんが暴行容疑で逮捕されました。

互いに弁護士を立て、離婚に向けて話が進んでいます。“暴行”の有無は、双方に言い分がありますが、“妻が夫からドメスティック・バイオレンス(DV)を受けた結果、離婚へ”という話なので、本来であれば“かわいそうな妻と最低な暴力夫”として報じられたはずですが、熊田さんの告白の後、夫のAさんが週刊誌の取材に答え、彼から見た事実を述べたことで状況は一変しました」(スポーツ紙記者)

Aさんは複数の週刊誌の取材を受けた。彼の弁をまとめると以下になる。

●Aさんは熊田が不倫していると疑い、問い詰めるとはぐらかされた
●熊田の手帳を見ると、レギュラー出演する番組の放送日にハートマークが付いていた。Aさんはその番組のスタッフが不倫相手ではないかと目星を付けた
●Aさんがハートマークを問い詰めた後日、自宅にいる熊田の様子を録音。知人との電話で熊田はそのときの話を「手帳めくる手が震えるの、ヤッバって」と発言。「確実な証拠は絶対掴んでない」などとも話していた
●不倫相手と思われる男性を“プロ”と呼び、「プロが本当に頼もしいと思ったのは、絶対ツーショットは撮られてないんだよ、全部別々に入ってるから大丈夫って」と話していた
●録音をもって再度、熊田と話し合ったが、証拠を突きつけられても「誰かに騙されてる」などと再度はぐらかされた
●話し合いに応じず、熊田は布団に入って寝ようとしたので、布団をはねのけたところ、Aさんの手が熊田の頬に当たった(暴行)
●熊田のバッグの中から“アダルト器具”が出てきた
●Aさんが器具をDNA鑑定に出すと、自分ではない男性の精液が検出された

「暴行で逮捕、そこからの離婚となれば、熊田さんにはただただ同情や応援するような“プラス”の声が集まったと思いますが、Aさんの主張が出てからは、批判も入り混じるものに。現在、週刊誌各誌の報道合戦となっており、今後裁判などで真実が明らかになっていくと思いますが、“大人のオモチャ”を使っての不倫が事実だとすると……。批判の声が湧くのもやむを得ないですね」(同・スポーツ紙記者)

熊田の夫であるAさんの主張をまとめたが、これとほとんど同じことを熊田から受けた男性がいる。冒頭のBさんだ。

元カレの告白
「15年ほど前から彼女とは友人というか知人というか、まぁ知り合いだったんです。それで10年前に2人で食事に行くことになりまして。食事の提案は彼女からでした。それである日の夜、食事をして帰るところで“家に泊まっていきなよ”と。それで彼女の家に行き、そういう関係になって付き合うことになりました」(Bさん、以下同)

そう、Bさんは渦中の熊田の元カレなのだ。このとき熊田はAさんと結婚する以前のため、不倫ではない。今回の騒動は夫であるAさんが熊田の不倫を疑ったことから始まっているが、それは元カレであるBさんも同様で……。

「当時、私も彼女の浮気を疑いまして……。旦那さんも“この人だ”みたいに目星を付けているようですが、僕もそういう人がいました。携帯のメールのやり取りなんかを見て、ですね。それで彼女を問い詰めると、口論のような感じになってしまいました」

ここで熊田は、今回と同じ行動に出る。

「当時、彼女のマンションのすぐ近くに警察署があったんです。それで警察署に逃げ込むように入り、私がストーキングのようなことをしていると警察に主張したんです。私の意見は通らず、警察からは“関わらないように”と口頭で警告を受けました」

110番通報と警察署への駆け込みとでは多少の違いはあるが、行動の目的は一緒だ。

「私は、10年前に彼女と付き合い、結果的にこのような形で関係は終わりましたが、それを当時マスコミなどに話していませんし、話すつもりもありませんでした。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/e2d6c1cfb04bdfa8bda8b31a1ec8d91fb45fbe98
no title

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました