PR
PR

【衝撃】西野さん、バイトを始めてしまうwww

エンタメ
PR
1: ひえたコッペパン 2021/02/16(火) 10:28:39.73 ID:rA67/9w69

東スポ
お笑いコンビ「キングコング」西野亮廣(40)が製作総指揮・原作・脚本を務める映画「えんとつ町のプペル」がまたまたネットで波紋を呼んでいる。

同映画は大ヒットを記録しており、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞も受賞した。ネットではブログやSNSを通じて連日のように多くの感想がつづられている。

しかし、中には〝サクラ〟とも判断されても仕方のないものも存在するようだ。大手クラウドソーシングサービスが「【えんとつ町のプペル】上映中の映画館に関する記事作成!」「『えんとつ町のプペル』の感想を募集しています!」「報酬目当てではなく、『プペルが面白かったから、ぜひみんなにシェアしたい』という気持ちをもった方向けのお仕事です」といった感想記事の作成の業務委託を複数掲載しているのだ。

その報酬はというと、ある依頼では「1850文字以上の記事で19円」というなんとも厳しい条件。同サービスではシステム手数料として20%が引かれるというから、〝プペル絶賛〟の記事作成者が受け取れる金額はわずかに15.2円となる計算だ。

この依頼内容がSNS上で広がると「1記事19円………涙が止まらん」「西野はホント金儲け上手いですよね」「お金をもらってプペルの記事を書けるなんて神案件」と衝撃を受けた声が多く上がっている。

報酬わずか19円?「プペル」の感想記事、バイト募集の闇 - ライブドアニュース
映画「えんとつ町のプペル」がネットで波紋を呼んでいると東スポが報じた。大手クラウドソーシングサービスが感想記事の作成の業務委託を複数掲載。ある依頼では「1850文字以上の記事で19円」という厳しい条件による報酬も

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
タイトルとURLをコピーしました