PR
PR
PR

【水泳】<瀬戸大也>五輪内定取り消しはしない方針、日本水連「本人が取った重い権利」

エンタメ
PR
1: ひえたコッペパン 2020/10/06(火) 22:00:09.95 ID:CAP_USER9

日本水泳連盟は6日、オンラインで常務理事会を開き、女性問題に揺れる競泳男子の東京五輪代表・瀬戸大也(26)の五輪競泳選手団主将の辞退届と、
日本短水路選手権(17~18日、辰巳)の辞退届を承認した。倫理委員会が来週中に事情聴取することを決定。

処分については今後、検討するが、日本水連として五輪内定取り消しはしない方針であることが分かった。

水連は「本連盟として同選手の報道を通じての一連の行為は水泳トップ選手として大変に遺憾であると共にご家族はもとより多くの水泳ファンの皆様、
関係者の皆様の信頼を裏切った責任は大変に重いと考えております」とし、「本連盟・倫理委員会において直ちに本人の事情聴取を実施致します。

また上記の事情聴取に加えて、新たな事実等の把握、確認を含めて処分等を検討してまいります」とコメント。
水連関係者は「本人から辞退がない限りは内定取り消しはしない。本人が取った重い権利なので」と話した。

瀬戸は昨年の世界水泳で200、400メートルの個人メドレーで2冠を獲得し、競泳陣で唯一代表に内定してる。
9月30日に都内の日本水連事務局を訪れ、五輪の競泳代表主将を降りる意向を伝えていた。

10/6(火) 21:34配信 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/9fbb8d1684656f68bbbb3a96b346890d97ca5b7c

写真
no title

 

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
PR
タイトルとURLをコピーしました