【衝撃】ウクライナのアゾフ大隊、ついに口を開く・・・恐ろしい実態がコチラ

海外
PR
PR

「絶対に降伏しない」ウクライナ準軍事組織「アゾフ大隊」幹部【NHKインタビュー・4/17】 [少考さん★]

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1650234225/

1: ひえコペ 2022/04/18(月) 07:23:45.74 ID:A2VQ9Cjl9

「絶対に降伏しない」ウクライナ準軍事組織「アゾフ大隊」幹部 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220418/k10013586731000.html

2022年4月18日 5時16分

ウクライナ東部のマリウポリなどでロシア軍と戦闘を続けているウクライナの準軍事組織「アゾフ大隊」の幹部がNHKのインタビューに応じ、降伏を迫るロシア側に対し「われわれには最新の武器があり、効果的に戦うことができる。絶対に降伏しない」と述べ、徹底抗戦する構えを強調しました。

「アゾフ大隊」は2014年、ウクライナ東部の親ロシア派の武装勢力と戦うため義勇兵などで結成され、現在はウクライナの準軍事組織の精鋭部隊として、東部の要衝マリウポリなどでロシア軍と激しく戦っています。

この「アゾフ大隊」の司令官で、首都キーウからマリウポリでの戦闘の指揮をとっているというマキシム・ゾリン氏が17日、NHKのオンラインインタビューに応じました。

ゾリン氏はマリウポリの戦況について「ロシア軍は1万4000人以上の兵士を集結させ、マリウポリの50%以上を支配している。これに対し、ウクライナ側はアゾフ大隊と海兵隊など合わせて1000人程度が製鉄所を拠点に戦い、そのほかにも重要なインフラを守っている。ロシア軍部隊は30分に1回、攻撃を仕掛け、1時間に1回、空爆を行い、2、3時間に1回、海上の艦艇からミサイルを撃ち込んでくる。こうした状況が1か月以上続いている」と述べ、圧倒的に数的不利な状況での戦いを強いられていると説明しました。

そして、ロシア側がマリウポリの防衛にあたっている部隊に武装を解除し降伏するよう迫っていることについて「われわれは数の上では劣るが最新の武器があり、効果的に戦うことができる。アゾフ大隊は戦い続け、絶対に降伏しない」と徹底抗戦する構えを強調し、支援のため、キーウ近郊に配置していた部隊をマリウポリに向かわせていることを明らかにしました。

また、ロシアのプーチン政権が「アゾフ大隊」を(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

コメント一覧

PR
タイトルとURLをコピーしました