1. HOME
  2. メモ
  3. 【鹿児島】「夫婦でゆっくりしたかった」3歳と1歳の娘を自宅に放置し、ホテルに11日間滞在していた両親を逮捕。
メモ

【鹿児島】「夫婦でゆっくりしたかった」3歳と1歳の娘を自宅に放置し、ホテルに11日間滞在していた両親を逮捕。

メモ

Twitterをフォローいただけるとアツアツの情報がお届けできます
1: 記憶たどり。 ★ 2020/07/23(木) 21:09:43.97 ID:DaZOGB0l9

鹿児島市で今月、3歳と1歳の娘を11日間自宅に放置した疑いで、警察は23日、両親を逮捕しました。
両親はこの間、2人でホテルに滞在していたことが分かっていて、「夫婦でゆっくりしたかった」と供述しているということです。

保護責任者遺棄の疑いで逮捕されたのは、鹿児島市新屋敷町の無職・山本貢容疑者(28)と、妻で派遣社員の和希容疑者(24)です。
鹿児島中央警察署によりますと、夫婦は今月11日から21日までの11日間、3歳と1歳の娘を自宅マンションに置き去りにした、
育児放棄いわゆるネグレクトの疑いがもたれています。

21日午後4時半ごろ、3歳の長女が1人でマンション近くの路上で歩いていたのを通行人が発見し、警察に保護されていました。
そして同じ日の午後7時半ごろ、同じマンションの住民から「部屋で赤ちゃんが倒れている」と110番通報があり、
玄関で倒れている1歳の次女が見つかったということです。

近所の住民によりますと、次女は半開きになった玄関のドアのそばで積みあがったごみ袋の上に裸の状態で倒れていたということです。
長女・次女ともに目立ったけがなどは無く、命に別状はないということです。

(マンションの住民)
「1か月前くらいから、昼夜問わず(子どもの泣き声が)結構聞こえていた。階段で(子どもが)ころんだ時、頭を軽く打ったが、
心配する感じはなく、それが心にひっかかっていた」

夫婦は、子どもを放置していた11日間、鹿児島市のホテルに滞在し、数回、自宅に食事を持って行ったと話していて、
2人とも容疑を認め、「夫婦2人でゆっくり過ごしたかった」と供述しているということです。
警察は、日常的な育児放棄=ネグレクトがあったとみて捜査しています。

ピックアップ

カテゴリー

検索