PR

【悲報】ダサいおじさんファッション3つの法則がコチラwwwww

メモ
1: ひえたコッペパン 2021/06/04(金) 11:16:34.48 ID:T2BhPAio9

(1)サイズが合っていない
スタイルが良かったとしても服のサイズが合っていなかったらすべて台無しである。そもそも、真っ白なTシャツにチノパンのような何でもないファッションでもおしゃれに見えるのはモデル並みにスタイルがいい人だけだ。

百貨店でマネキンが着ているものをそのまま着たとしても、そのマネキンは海外のモデルのように手足が長く、引き締まった身体をしている。同じものを着たからといっておしゃれに見えるわけではない。サイズが合っていないというのは、小さすぎても大きすぎてもダメだということ。痩せ型の人が肩幅の大きいスーツを着ているのはNG。太ってしまったのに無理して昔と同じシャツを着て、フロントボタンの隙間がパクパク動いてしまうなんて論外だ。今の自分に合ったサイズの洋服を着ることが大前提となる。

(2)清潔感がない
女性から一番嫌われるのが清潔感のない男性だ。では、どんなところに清潔感の無さを感じるのか。

・シワシワ、毛玉だらけ
これだけでだらしない生活を彷彿とさせてしまう。着古した洋服を着ているのは「ファッションなんて興味ありません」と言ってしまっているようなものだ。

・襟周り、袖口が汚れている、たるんでいる
襟周りと袖口は、汗や皮脂で汚れやすい部分。服を脱ぐたびに汚れていないかチェックしよう。また、それらがたるんで伸びているのもだらしなさの象徴といえる。服が伸びていることに気付けていないとしたらそれはナンセンスだ。

・肩がフケだらけ
女性に「男性が不潔だと感じること」のアンケートを取ると毎回1位か2位にランクインする項目だ。お風呂に毎日入っていないのではないかというイメージを持たれてしまう。

・臭い
臭いも重要なポイント。汗臭かったり、生乾きの臭いがするのは言うまでもなくNGである。

(3)靴や靴下のチョイスが変
男性ファッションで重要とされるのが足元だ。TPO(時間、場所、場面)に合わせてセレクトする必要がある。洋服はカジュアルなのに、靴だけ急にホストみたいな先端が尖った靴を履いたり、歩きやすいからとスーツに作業靴のようなスニーカーを合わせたりするのは言語道断。靴下は見えないと思ってテキトーに選んでいると意外と見られているから要注意だ。中途半端に靴下が見えているのが一番ダサい。くるぶしより少し上くらいの長さだと即、「残念認定」されてしまう。また、黄色や緑など奇抜な色の靴下もかなりのおしゃれさんではない限り避けた方がいいだろう。

“普通”に見せるポイントは「サイズ感」「清潔感」「足元」
ダサく見えてしまう3ポイントが分かったところで、いざ改善と思ったときにやるべきことはこの3点を押さえるだけだ。

服装で印象をアップすると人間力も高まる
服装がダサいと、それだけで相手に対する印象が悪くなって、服装が「普通」の人と比べて損をしている可能性がある。『人は見た目が9割』(新潮社)という書籍がベストセラーになったが、2006年に発表された米プリンストン大学の研究によると、人の第一印象は0.1秒以内で決まるという。また、第一印象の決まり方に関する研究で有名な「メラビアンの法則」によると、見た目や表情などの視覚情報の影響度は55%を占める。そのため服装は、その人の第一印象にかなりの影響を与えているのだ。特別おしゃれになる必要はなく、上記の三つのポイント、「サイズ」「清潔感」「足元」を押さえれば印象は格段に良くなる。印象が良くなることで相手に好印象を与えるだけでなく、信頼が得られるようになる。ダサいだけで信頼を失っているとしたらもったいない。

自分がダサいという認識がなかったとしても、ぜひ今回お伝えしたポイントを一度確認していただきたい。最初は三つのポイントを強烈に意識する必要があるが、意識できるようになると自然とおしゃれさんになっていくものだ。まず、会社や周りにいる人でこの押さえるべきポイントを実行している人を「先生」としてマネしてみるのもいいだろう。男性ファッションにはあまり流行がない。だからこそ合わせやすくてシンプルな洋服を選ぶのが一番だ。ちょっと遊びを入れて…なんてことは必要ない。

ここまできて、まだおしゃれに対して何らかの抵抗がある人は、以下の勘違いをしているかもしれない。

「おしゃれになるには高いものを買わなくてはいけない」「センスがないとおしゃれになれない」

おしゃれになるには特別なことをする必要はない。なので、必ずしも高い商品を買う必要はない。上記の三つのポイントを守るといった法則を知れば、センスなんてなくてもおしゃれになれる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました