【衝撃】日本の貧しさ、マクドナルドのビッグマックでバレてしまう

ネタ
イチオシ
PR

【現代ビジネス】円安が進む日本は、タイやブラジルよりも「貧しい国」になっていた 根拠はビッグマック指数★9 [神★]

1: ひえコペ 2021/11/22(月) 08:11:54.15 ID:UZ2vrl3M9

円安が進む日本は、タイやブラジルよりも「貧しい国」になっていた

イギリスの経済誌『エコノミスト』が毎年公表している「ビッグマック指数」は、日本の物価の安さを端的に示している。

これは、全世界で展開しているマクドナルドの看板商品「ビッグマック」の値段を比べることで、各国の物価格差の目安とするものだ。

今年、日本において390円で売られているビッグマックは、アメリカでは645円、イギリスでは522円、スウェーデンでは681円で売られている。

先進国だけでなく、タイ(429円)やブラジル(480円)といった新興国でも、日本より高く売られている。

★1 2021/11/21(日) 14:04:24.75

円安が進む日本は、タイやブラジルよりも「貧しい国」になっていた(現代ビジネス) - Yahoo!ニュース
 この国の経済の衰退にともなって、長らく世界の基軸通貨のひとつだった円はついにその座から陥落しようとしている。だが見方を変えると、この危機をうまく使い資金を増やす、逆転の方法がある。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました