【衝撃】パパ活界隈、とんでもない事になっていた・・・

ネタ
急上昇
イチオシ
PR
【衝撃】パパ活界隈、とんでもない事になっていた・・・
1: ひえコペ 2021/09/23(木) 22:29:16.38 ID:9f19IHeQa

実際にパパ活に勤しむ20代女性からは「500万円くらいの貯金があって、収入が高すぎない男性のほうが、頑張ってお金を工面してくれた」との証言もあった。そうしてひと月に数百万円を稼ぎ、“パパ活一本”で生計を立てる女性もザラにいるという。

一方で、コロナ禍においてパパ活人口は増えており、パパ活女子の容姿や年齢によって、受け取る対価に“格差”が生じているとの指摘もある。パパ活事情に詳しいジャーナリスト、鈴木リュウ氏が語る。

「アルバイト・パートで働く女性の雇い止めや、子供の休園・休校に伴う育児などにより、失業したり収入が激減した女性は少なくありません。キャバクラやフーゾク業でも、客足減に伴って収入が減り、パパ活に流れている現状がある。その結果、パパ活女子が“飽和”してしまい、高額報酬を受け取る女性がいる一方、全体的な相場は下がっているとの声も聞きます。性行為込みで1万~2万円といった値下げ交渉が行なわれているようです」

減収の結果、生活費のために低額でもパパ活せざるを得ない女性と、“お小遣い”として高額を稼ぎ続ける女性に二極化しているのだ。

パパ活女子は飽和状態 性行為込みで1万〜2万円と値下げ交渉も - ライブドアニュース
親子ほど年の離れた男女が金銭を介して食事や性行為を共にする「パパ活」。この単語が使われ始めたのは、2015年前後のことだ。当初は「性行為を伴わず、お茶や食事をするだけで金銭をくれる男性(パパ)を探す行為

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました