PR
イチオシ
PR

【悲報】日本さん、戦争中にしていた外道な行為が明らかに・・・

ネタ
1: ひえコペ 2021/08/15(日) 10:46:31.48 ID:oibKb5kK9


太平洋で、米軍艦艇に突入を試みる日本軍の特攻機=1945年5月

太平洋戦争末期、米艦に零戦機などで突っ込み、時に〝軍神〟とあがめられたり、時に「無駄死にだった」と切り捨てられたりもした特攻作戦の悲劇。出撃前の特攻隊員には覚醒剤「ヒロポン」が与えられていた。この問題は真正面から研究された様子がないが、大阪の元中学教員の相可文代さん(71)は、勤労奉仕で覚醒剤入りのチョコレートを包む作業に従事した女学生の実体験を知ったことをきっかけに独自に調べ、このほど冊子にまとめた。

覚醒剤と知らされず服用し命を散らした若者らの悲哀と、上官や国家体制の無責任さ。志願制とは名ばかりの死への強制の中で、最後には薬物も使った特攻作戦はまさに「統率の外道」(大西滝治郎海軍中将)だ。「祖国に命をささげた美談のように語られるが、実際には覚醒剤による高揚感に満ちないと敵艦には突入できなかった」と相可さん。「実証」にこだわった研究を、冊子の記述と相可さんの言葉からたどる。引用は原文のままとした。(共同通信=真下周)

※以下省略。記事全文はソース元にて

2021/8/15 07:00 (JST)
https://nordot.app/798767547706327040

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました