1. HOME
  2. メモ
  3. 【毎日新聞】「普通の人」がなぜ過激化するのか「自粛警察」はもともとある敵意や差別感情の現れ
メモ

【毎日新聞】「普通の人」がなぜ過激化するのか「自粛警察」はもともとある敵意や差別感情の現れ

メモ

Twitterをフォローいただけるとアツアツの情報がお届けできます
1: マスク着用のお願い ★ 2020/07/26(日) 10:45:29.65 ID:Q4gPUwrS9

https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20200723/pol/00m/010/006000c
<「普通の人」がなぜ過激化するのか>歪んだ正義(1)

「自粛警察」はもともとある敵意や差別感情の現れ

マスクをしていない人を激しく叱責する。政府の自粛要請下で地元以外のナンバーの車を傷つけたり時間を短縮して営業する店に嫌がらせをしたりする。中国人が経営する店やその関係者をSNS上で中傷する。

<コロナ禍のわだかまりを吹き飛ばす「道徳」の効力>
<岐路に立つ米国の民主主義 社会の矛盾に噴出した怒り>

新型コロナウイルス禍に現れたいわゆる「マスク警察」「自粛警察」現象は、人間の攻撃性を顕在化させた。

「人を傷つける心―攻撃性の社会心理学」(サイエンス社)などの著書がある大渕憲一・東北大学名誉教授(社会心理学、現・放送大学宮城学習センター所長)によると、「災害や犯罪などによって社会不安が高まると、それに伴い人々の間で生じる不快感情が攻撃性に転化されやすくなる」という。

もともと他の集団や民族に対して敵対的な、あるいはマイノリティーに対して差別的な態度を持っている人でも、冷静な時はそれを不合理なものとして自制することができる。ところが不安や恐怖が高まっている時には「認知資源の不足などからこうした抑制力が低下し、敵意や差別感情が噴き出しやすくなる」という。社会が不安定な時には敵意や差別感情を「正当化」する理由を見つけやすくなり、また周囲の人々からの支持が得られやすいと感じて抑制力はいっそう低下しやすくなるというのだ。

「自分は絶対に正しい」と思い込むと、人間の凶暴性が牙をむく

人間の攻撃性といえば、最近はSNSを舞台とした言葉による暴力が過激化している。性被害を実名で告発したジャーナリストの伊藤詩織を中傷したSNS上の書き込みは70万件にも達し、人気番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラーの木村花さんもSNS上で激しい攻撃を受け、亡くなった。

また近年日本では、 ローンウルフ(一匹オオカミ)による通り魔や襲撃事件が増加傾向にある。治安問題を研究する公益財団法人「公共政策調査会」(本部・東京都千代田区)が2019年3月に発表した東京五輪の治安対策に向けての提言書によると、国内におけるローンウルフ型のテロ類似犯罪は増加傾向にあり「未然に探知し防ぐのが難しい」という。さらにその脅威は「すぐそこに差し迫っていると認識しなければならない」としている。
(リンク先に続きあり)

2020年7月26日

ピックアップ

カテゴリー

検索