PR
PR

【悲報】事故を起こした男さん、裁判でありえない主張をする

メモ
PR
1: ひえたコッペパン 2021/02/10(水) 19:13:29.78 ID:c06qstrQ0

 重機を運転していた男性(38)は、事故をめぐる刑事裁判で懲役7年が確定。夫妻は昨年1月、男性と男性が働いていた建設会社に対して計約6千万円の損害賠償を求めて民事裁判を起こしている。

裁判で争われているのは、安優香さんが将来得られたはずの収入である「逸失利益」。会社や男性側は、健聴者と比べて思考力や学力が劣り就職も難しいために収入は一般女性の40%になると主張し、健聴者と同じだとする夫妻と対立する。努さんは「安優香が亡くなってつらいのに、さらに傷口を掘り下げられる思いだ」と感じている。

難聴の娘亡くした悲しさ、裁判で上塗り 事故から3年:朝日新聞デジタル
 大阪市生野区の交差点に重機が突っ込み、聴覚に障害のあった小学5年の井出安優香(あゆか)さん(当時11)が亡くなった事故から3年。両親は、「時間は止まったまま」と口をそろえている。娘を失った悲しみが癒…

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
タイトルとURLをコピーしました