1. HOME
  2. メモ
  3. 【週刊ダイヤモンド】もし緊急事態宣言が再発令されたら、日本経済はどうなるか
メモ

【週刊ダイヤモンド】もし緊急事態宣言が再発令されたら、日本経済はどうなるか

メモ

Twitterをフォローいただけるとアツアツの情報がお届けできます
1: 影のたけし軍団 ★ 2020/07/23(木) 14:58:21.12 ID:XzgLh+ai9

2度目の非常事態宣言の経済的影響は、最初の非常事態宣言が出た4月7日(5月25日に解除)からの経済状況の繰り返しになる。

すなわち、4~6月のGDPの落ち込みの再現ということになる。4~6月のGDP統計が発表されるのは8月だが、
エコノミストの予測平均では前期比年率23%減であった(日本経済研究センター「ESPフォーキャスト調査(2020年6月6日)」。

23%減は年率で次の四半期には6.35%減少するという意味)。

非常事態宣言が再度発せられれば、これが7~9月期にも続くことになる。
ただし、さらに23%減になるというのではなく、この低いレベルのGDPが7~9月期にも続くということである。

コロナ感染症に関わる最初の非常事態宣言の経済損失は、2019年度10月の消費税増税後のさえないGDPの水準が続いていたとして、
2020年度中で24.1兆円である。2度目の非常事態宣言が発せられれば、最初の宣言と合わせた損失が28.4兆円となる。

ここで読者は、最初と2度目の差が4.3兆円しかないことを不思議に思われるだろう。
それは、2度目の非常事態宣言によって、経済活動水準が低いままになるだけで、さらに落ち込むわけではないからである。

ただし、さまざまな経済主体が自粛経済に耐え切れなくなれば、これらの経済活動が崩壊して、より大きな損失を被ることになる。

コロナ感染症の経済的損失がこれほど大きくなるのは、確実なワクチンも治療薬もなく、感染を防ぐには人々の接触を禁ずるしかないからだ。

接触を禁ずる最も効果的な方法は外出の禁止である。しかし、外出できなければ働けず、支出もできず、所得が生まれない。
所得がないから支出ができず、支出がないから所得がないという状況が生まれてしまう。
https://www.esquire.com/jp/culture/column/a33342800/what-will-happen-to-the-japanese-economy-if-the-emergency-declaration-is-reissued/

ピックアップ

カテゴリー

検索