1. HOME
  2. メモ
  3. 【コロナ】アビガンはなぜ「特効薬」の座から滑り落ちたのか
メモ

【コロナ】アビガンはなぜ「特効薬」の座から滑り落ちたのか

メモ

Twitterをフォローいただけるとアツアツの情報がお届けできます
1: 令和大日本憂国義勇隊(栄光への開拓地) [ニダ] 2020/07/29(水) 12:39:17.77 ● BE:828293379-PLT(13345)

アビガンはなぜ「特効薬」の座から滑り落ちたのか

安倍政権に翻弄された感のある「アビガン」

「うたかた」という美しい言葉が日本語にある。『広辞苑』によると、「はかなく消えやすいことのたとえにつかう」とある。多くは、不老不死が叶わぬ人間の短い命に重ねて使われるが、近代科学の結晶とも言えるクスリにも、実は当てはまる。
夢の特効薬と期待されて登場しながら、予期せぬ副作用などで市場からの退場をたちまち迫られた薬剤は枚挙に暇がない。今年の春、俄かに人口に膾炙した「アビガン」も、以降の形跡を辿る限り、うたかたのクスリで終わりそうな気配が強まっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/042bf5afe2946e4ac678abb8a5fe4e84c0eb1d22

ピックアップ

カテゴリー

検索