PR
イチオシ
PR

【特報】安倍晋三、個人口座から大金を勝手に下ろし辞職したはずの公設秘書(高齢で認知症)を再雇用、一体なぜ

政治
PR
1: ひえたコッペパン 2021/05/04(火) 12:44:30.11 ID:cx5q8eqj9

「桜を見る会」前夜祭をめぐり東京地検特捜部が政治資金規正法違反(不記載)の罪で略式起訴した安倍晋三前首相の元公設第1秘書・配川博之氏が、現在も安倍事務所に私設秘書として勤務している―。「しんぶん赤旗」日曜版のスクープが反響を呼んでいます。

安倍氏は国会で、配川氏について「今回、こうしたことが起こり、本人も反省の上、公設秘書を辞職した」(昨年12月25日、衆院議院運営委員会)と説明していました。

しかし日曜版編集部の取材に複数の自民党関係者が、配川氏は現在も安倍事務所で活動していると証言。公設秘書辞職から約1カ月後の今年1月には山口県内の会合で配川氏が「公設秘書から私設秘書になった」と周辺に説明していました。

日曜版編集部はファイルを小脇に抱えて下関市内の安倍事務所に入っていくスーツ姿の配川氏の姿を確認。写真にとらえました。

「桜」の安倍前首相秘書 復職/責任取り辞職は“ウソ”/「赤旗」日曜版のスクープに反響

no title

(写真)安倍晋三事務所にはいる安倍晋三前首相の元公設第1秘書、配川博之氏

「秘書が高齢で認知機能が…」
no title

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
タイトルとURLをコピーしました