【式典】菅義偉のスピーチ、あまりにひどすぎると話題

政治
PR
PR

【式典】菅義偉のスピーチ、あまりにひどすぎると話題

1: ひえたコッペパン 2021/08/06(金) 12:30:02.64 ID:ydrqOFv+9

菅義偉首相が初めて広島の平和記念式典であいさつに立った。しかし「核兵器のない核世界の実現に向けて力を尽くす」という肝心の部分を読み飛ばすトラブルがあった。問題はそれだけではない。

人類史上初めての惨劇となった原爆投下から76年となった広島市。8月6日の平和記念式典で、菅義偉氏が首相として初めてあいさつに立った。

しかし、あいさつの冒頭で「広島市」を「ひろまし」と、「原爆」を「げんばつ(もしくはげんぱつ)」と言葉を噛んだうえ、途中であいさつ文を読み飛ばしたと見られる、意味の通らない部分が生まれた。

NHKが行った式典の生中継では、あいさつの冒頭から内容文のテロップが表示されていたが、読み飛ばしたとみられる部分から一時、テロップの表示が止まった。

NHKは首相官邸から事前にあいさつ文の提供を受けていたものの、首相の発言内容が大きく異なってしまったため一時、表示を停止したとみられる。

読み飛ばしたが起きたのは、あいさつの以下の部分だ。途中で意味が通らなくなる。

広島および長崎への原爆投下から75年を迎えた昨年、私の総理就任から間もなく開催された国連総会の場で、「ヒロシマ、ナガサキが繰り返されてはならない。この決意を胸に、日本は非核三原則を堅持しつつ、核兵器のない(以下原文ママ)核軍縮の進め方を巡っては、各国の立場に隔たりがあります。このような状況の下で核軍縮を進めていくためには、さまざまな場の国々の間を橋渡ししながら、現実的な取り組みを粘り強く進めていく必要があります。

一方、NHKの生中継テロップでは

「ヒロシマ、ナガサキが繰り返されてはならない。この決意を胸に、日本は非核三原則を堅持しつつ、核兵器のない世界の実現に向けて力を尽くします」と世界に発信しました。

と表示され、発言内容との間にずれがあった。テロップの内容が本来のあいさつ文で、少なくとも「核兵器のない世界の実現に向けて力を尽くします」という部分を読み飛ばしてしまったとみられる。

中国新聞によると、首相は式典後の記者会見で「先ほどの式典のあいさつの際に、一部、読み飛ばしてしまい、この場を借りてお詫び申し上げる」と陳謝した。
(略)
https://news.yahoo.co.jp/articles/84538c54884d5e03c656b6722ead45bd9e68d6c7

https://nordot.app/796193162506715136
菅義偉首相は6日の広島の原爆死没者慰霊式・平和祈念式のあいさつで、「わが国は核兵器の非人道性をどの国よりもよく理解する唯一の戦争被爆国」とした部分などを読み飛ばす一幕があった。関係者によると、手持ちのあいさつ文1ページ分を飛ばしたという。

式典を生放送していたNHK番組では、首相のあいさつに合わせて字幕を表示していたが、読み飛ばしたため一時字幕を表示しなかった。首相はほかに「『核兵器のない世界』の実現に向けた努力を着実に積み重ねていくことが重要です」とのくだりも読まなかった。

首相は昨年の所信表明演説や今年1月の施政方針演説でも言い間違いをしていた。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました