イチオシ
PR

【超画像】江戸時代の庶民の食事、ガチのマジでヤバイ

グルメ
1: ひえコペ 2021/10/05(火) 21:15:34.35 ID:QoOxt9/qM
江戸時代の庶民の食事は一汁一菜が基本とされていました。つまり、ご飯、味噌汁、お漬物です。それだけかと驚きますが、その頃の日本人は米をものすごく食べていたと言います。どれくらいなのかというと、なんと一人で日に5合も食べていたとのことです。今は朝晩2回の食事で米を食べたとしても1合くらいですので、その消費量が半端ないのは一目瞭然です。
no title

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました