【画像】愛知県弥富市の中学生刺殺事件、本人写真が流出してしまう・・・

時事
イチオシ
PR

中学 同級生刺殺事件 亡くなった柚輝くんの写真が掲載される [421685208]

1: ひえコペ 2021/11/26(金) 00:05:12.21 ID:ksyd2MPl0● BE:421685208-2BP(4000)

少年は学校に着くと、授業が始まる前に隣のクラスの同級生を廊下に呼び出し、凶行に及んだ――。

11月24日朝、愛知県弥富市の十四山(じゅうしやま)中学校で、同校に通う3年生の伊藤柚輝くん(14)が包丁で刺されて死亡した事件で、通報を受けて駆け付けた愛知県警の警察官は、同級生の男子生徒(14)を殺人未遂の現行犯で逮捕した。

柚輝くんは下の学年の子の面倒を見たり、ハンディがある子にも分け隔てなく優しく接しているのを見かけたことがあります。リーダーシップもあって、学年の中でも目立つ、中心的な存在でした。子供会の行事とかにも積極的に参加していて、秋のお祭りで太鼓を叩いていたりしました。上と下に兄弟がいて、仲は良さそうでした。小学校の頃からやんちゃというか元気が良すぎるぐらいで、よく外を走り回っていましたよ」(同前)

事件当日の弥富市の教育委員会が開いた記者会見では、学校側が2人の間のトラブルを把握していなかったと説明している。しかし男子生徒は警察の捜査で「トラブルがあった」という趣旨の供述をしている。前出の同級生の保護者は、2人の関係について「もしかしたら」と話し出した。

「亡くなった柚輝くんは、同級生を仲間外れにしたりいじめるような子ではないと思います。ただお調子者の部分もあって、口調が少し強めだったり、大きい声で話すことは確かにありました。もしかしたらそれが、子供同士だと勘違いを生んだ可能性はあるのかもしれません」

25日午前、愛知県警は男子生徒の容疑を殺人未遂から殺人に切り替え、名古屋地検に身柄を送致した。事件発生から1日以上が経っても、いまだ事件の決定的な動機は明らかになっていない。なぜ少年は犯行に及んでしまったのか……真相解明が待たれる。

no title

《愛知中3刺殺事件》「今思えばちょっと元気が…」事件の1時間前、家を出る男子生徒が祖父にかけた一言とは(文春オンライン) - Yahoo!ニュース
《愛知中3刺殺事件》「パッと見は大人しかったけど...」小学生の頃から一緒の同級生を刺した男子生徒の意外な印象 から続く

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました