【衝撃】愛知県弥富市の中3刺殺事件、母親の暴露により犯行前に起きていたトラブルが発覚

時事
PR
PR
急上昇
PR
PR

【社会】愛知中学生刺殺事件 犯行前に起きていた「LINEハブりトラブル」同級生の母が告白 [凜★]

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1638462814/

1: ひえコペ 2021/12/03(金) 01:33:34.24 ID:9cbOZ9RU9

■FLASH(2021.12.02 06:00)

「たんにいじめを受けたから、仕返しをしたというような簡単なことじゃないと思います」

そう話すのは、加害生徒を知るある住民だ。

11月24日、愛知県弥富市の中学校で、3年生の伊藤柚輝さん(14)が、同級生の男子生徒A(14)に刺殺された事件。翌25日、柚輝さんの遺体はひっそりと自宅に戻ってきた。

2人は保育園から一緒の間柄で、小学校では同じサッカー部に属していた。

「小学校は1学年20人。そのうち、18人が同じ中学校に進学しました。この地域は毎年そんな感じで、中学校の先生が事前に保護者から小学校での人間関係を聞き取り、クラス分けに反映させています」(前出・近隣住民)

Aは身長が170cmを超え、学年でもひときわ体格に恵まれていたが、近隣住民は「おとなしい子だった」と口を揃える。

「小学生のころはおじいさんのスマホで、ずっと『パズドラ』をやっていました。外で友達と遊んでいるのは見たことがありません」(同前)

誰もが顔見知りの小さな町に暮らす、おとなしい男の子。そんなAを犯行に駆り立てた動機はなんだったのか。

同級生の母親が声を潜める。

「LINEをめぐるトラブルがあったようです。男子生徒で作っていたグループLINEから、Aだけが退出させられたと聞きました。狭いコミュニティでのことだから、傷ついたんだと思います」

生徒同士の喧嘩はまず見ないという平和な地域で、ひそかに生じていた不協和音。事件はそのときから始まっていたのだろうか――。

(週刊FLASH 2021年12月14日号)

愛知中学生刺殺事件 おとなしい子だったのに…犯行前に起きていた「LINEハブりトラブル」同級生の母が告白 - Smart FLASH/スマフラ[光文社週刊誌]
「たんにいじめを受けたから、仕返しをしたというような簡単なことじゃないと思います」  そう話すのは、加害生徒を知るある住民だ。  11月24日、愛知県弥富市の中学校で、3年生の伊藤柚輝さん(14)が、同級生の男子生徒A(14)に刺殺された事件。翌25日、柚輝さんの遺体はひっそりと自宅に戻ってきた。 【関連記...

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました