PR

【衝撃】熊田曜子さん、事件夜の様子・・・もうめちゃくちゃwww

エンタメ
1: ひえたコッペパン 2021/06/10(木) 07:18:47.49 ID:CAP_USER9

タレント・熊田曜子(39才)が家族とともに暮らす都内のマンションで、壮絶な事件が起きたのは5月18日未明のことだった。夫・Aさんが熊田の顔を平手で殴ったり、体を蹴ったりなどの暴行をしたとして、熊田は110番通報。逮捕されたAさんは書類送検後、5月20日に釈放された。熊田は騒動後、3人の娘を連れて家を出ており、いまは別居状態が続いている。

「熊田さんは被害届を取り下げるつもりはないようです。双方が弁護士を立て、お互いに争う姿勢を取っています」(芸能関係者)

その件について、熊田は自らのSNSでも沈黙を続けていたが、5月31日になって所属事務所を通じて「離婚」する意向を明らかにした。その文書にはこう綴られている。

《夫からの暴力行為は今回が初めてではなく、夫が帰宅する時間が近づくと恐怖を感じるようになってしまっており、そのような状態でこれ以上婚姻生活を継続することは難しいと判断し、所属事務所や弁護士さんと協議を重ねた上で夫と離婚することを決意し弁護士さんに離婚手続きを委任することとなりました》

一部では、なぜか暴力を振るったAさん側を擁護する報道があった。Aさんが熊田の不倫を疑い、自宅内の様子を録音していたこと。そして、熊田と友人と思われる人物が電話した際に、隠し事が公になることを恐れるような音声が録音されていたことなどが報じられた。

Aさんの代理人弁護士によると、「熊田氏が不貞に関する話し合いを一切拒絶する態度を示したため、A氏が声を荒げたことは事実。暴行に関しては、布団を払いのける際に手が当たってしまった事実こそあるものの、熊田氏が主張するような、殴る、蹴るの暴行を行った事実はございません」という。

要するに、妻が浮気をしたのが悪い、暴力は振るっていない、という主張だ。

「熊田さん側は、浮気について完全否定しています。証拠もありませんし、完全に“夫の邪推”でしかない」とは別の芸能関係者だ。もし仮に不倫を疑ったとして、妻を殴っていい理由には一切ならない。

『女性セブン』が熊田の親族周辺から入手した音声データには、夫による凄惨なDVの様子が生々しく記録されていた。

「Aさんが曜子の浮気を疑っていたのは事実のようで、数週間前から夫婦関係がギクシャクしていたそうです。その日(5月17日)の夜は3人の子供たちと一緒にご飯を食べていましたが、Aさんは曜子の手料理には手をつけず、コンビニで買ってきたお総菜を食べていたと聞きました。その後、夜9時頃にAさんが外出し、酔った様子で帰宅したのは深夜0時過ぎだったそうです」(熊田の親族関係者)

熊田は普段は子供3人と同じ寝室のベッドで寝ているが、その夜はAさんとしっかり話し合おうと、Aさんのベッドで待っていたという。ところが、Aさんにベッドから追い出されてしまったため、子供たちを起こさないよう、寝室ではなく別の部屋に布団を敷いて寝ようとした。そこにAさんが入ってきて、熊田を脅すような口調で責め始めたという。音声データは、そこから始まっていた。

熊田「“ひっぱたく”とか、“ぶん殴りたい”って言うのやめて」
Aさん「なんで? 本心だからしょうがないじゃん」
熊田「そうやって言われると怖くて話せないから」
Aさん「うん。で?」
熊田「胸が苦しくなって、ドキドキして話せないから……」

おびえるような声で懇願する熊田。「わかった」と答えたAさんだが、その後も熊田の浮気を疑ってかかり、激しく熊田を罵り続けた。酔っているからか、所々ろれつが回らず、意味不明な部分も多い。

熊田「先週の半ばぐらいまで、普通にご飯とか食べて、普通だったのに、なんで急にまた……」
Aさん「おれ、動き見てたんだよ、全部の」
熊田「動きって?」
Aさん「いやいや、別にその……素直っつーか、正直に言うかなと思って。全部わかってたけど、いまの状況っていうか、いろいろ言ってること全部わかってたけど全部泳がせてて、ちゃんと誰々が、みんな正直に言うかなと思ってたけど、一切言わねぇし。なんかしらばっくれてるし、お茶濁して適当に過ごせば終わるかなぐらいの感覚でいるのが見えてたから。コイツらはどうしようもねぇなと思って」
熊田「コイツらって誰のこと?」
Aさん「あんたらだよ。お前らだよ。お前ぶっ殺すぞ、ほんと、マジで! なんで軽々しく仕事してんだよ。ふざけんなよ!」

そして音声データは修羅場へと続く。

「お前ぶっ殺すぞ、ほんと、マジで!」

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/c19cf89b22e3852daf13d9dac3b455e810a95a03
no title

コメント

タイトルとURLをコピーしました