PR
イチオシ
PR

【悲報】中国さん、馬鹿にしも気にしない日本人に拍子抜けしてしまう

時事
1: ひえコペ 2021/08/19(木) 17:47:31.52 ID:dobY8a859

中国には「小日本」など、日本に対する蔑称がいくつかあるが、同じ漢字を使う文化ながら、日本人にはピンとこないため中国人を拍子抜けさせているようだ。

中国メディアの騰訊は、「小日本」という言葉を使っても日本人にはまったくダメージを与えられないとする記事を掲載した。

記事はまず、「小日本」や「日本鬼子」という言葉には、中国人にとっては十分に侮蔑の意味が込められていると紹介した。「小日本」という言葉には日本人の背の低さや、中国よりも国土の小さな国という意味が含まれていると説明している。いずれにしても、大きさを気にするのは中国独特の感性なのだろう。

では、「小さい」と言われて日本人はどんな反応をするのだろうか。記事は日本のネット上では「中国と比べて小さいのは確かだ」と事実を認めるタイプと、「小さいのはかわいい」と肯定的に捉えるタイプ、そして「日本は決して小さくはない」と反論する3つのタイプに大別されると伝えている。いずれにしても、「小日本」という言葉で不快感を抱く日本人はほとんどおらず、ダメージを与えられないことに少々がっかりしている様子だ。

また、「鬼」という漢字を使っても、日本語の意味は幅広く、日本人はポジティブな意味に捉えてしまう場合もあると紹介した。そのため、「日本人を徹底的に激怒させることは全くできず、むしろ一種の誉め言葉として受け取り、逆効果になっている」と舌を巻いている。

日本には、「小さい」も「鬼」も、人を罵る意味では使われないので、ピンとこないというのはあるだろう。しかしそればかりではなく、日本人がダメージを受けないのは、悪意を軽々とかわす処世術を知っているから、と言えそうだ。どんな言葉もスルーして、時には都合よく誉め言葉にさえ変換してしまう日本人は、一枚上手と言えそうだ。

サーチナ8月16日(月)7時12分
https://news.biglobe.ne.jp/international/0816/scn_210816_4177975680.html

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました